セパレーションサイエンスを再定義、今再び MAXPEAK 非特異的なサンプル吸着を
解決する新技術

ACQUITY Premier Arc Premier

日々の分析で、こんな悩みはありませんか?“対象物質が金属吸着により失われてしまう”

ヌクレオチドは金属に吸着しやすい代表的な低分子です。

通常のカラムでは吸着してしまいピークとして検出できませんでした。

金属に吸着せず、目的成分を検出

ACQUITY Premier カラムでは明確にヌクレオチドが検出されました。

その理由はカラムとサンプル接液部の表面加工!

Waters 独自開発の表面加工技術により、
金属に吸着しやすい分子とカラム表面の非特異的な吸着を避けることができます。

その理由はカラムとサンプル接液部の表面加工!

ACQUITY Premier の威力をご覧ください!

ピーク形状/感度の改善

ピーク形状/感度の改善

ヌクレオチドは金属に吸着しやすい代表的な低分子です。

通常のカラム(下段)では吸着してしまいピークとして検出できなかった成分が、
ACQUITY Premier カラム(上段)では明確に検出されました。

1回目のインジェクションから優れた再現性

1回目のインジェクションから優れた再現性

金属吸着しやすいサンプルを分析する際、通常のステンレスカラム(オレンジ)では最初のインジェクションでは
十分なピーク面積が得られず、また、カラム間の誤差も大きくなってしまいます。

MaxPeak 加工を施した ACQUITY Premier カラムでは、初回インジェクションから十分なピーク面積が得られ、
また、カラム間の再現性も良好です。

分離選択性はそのままに、吸着だけを抑制

分離選択性はそのままに、吸着だけを抑制

吸着しやすい酸性化合物(ピーク2, 3)はテーリングが改善されます。

一方、充塡剤は従来のものを使用していますので、中性(4, 6)・塩基性(1、5)化合物の分離パターンは維持されます。

info-arc-premier

ACQUITY Premier

当社の ACQUITY Premier ソリューションは、直近 15 年以上にわたってセパレーションサイエンスにおける最も意義のあるイノベーションであり、金属の影響を受けやすい化合物のサンプルロスを低減するように設計されています。
2 μm 以下のカラムが使用可能です。

info-arc-premier

Arc Premier

Arc Premier はサンプルに対する金属の影響を低減するよう設計された次世代の HPLC です。 2.x μm カラムを使用することで高いサンプルスループットと溶媒量の節約を実現します。
吸着によるサンプルロスやピークテーリングを抑制することで、感度や再現性が向上しスムースかつ堅牢な分析法開発~移管が可能になります。

詳細情報

資料ダウンロード