マイアカウント
お客様事例はこちら
お問い合わせ

アデノ随伴ウイルスの品質評価に LC-MS が利用できることをご存知ですか?


凝集体
Empty/Full Ratio

LC-UV/FLR

ACQUITY UPLC H-Class
BEH SEC 450 Å Protein-Pak Hi Res Q


純度
カプシドタンパク質同定

LC-MS

BioAccord システム


特性解析

高感度高分解能 LC-MS

Xevo G2-XS QTof
SELECT SERIES Cyclic IMS

アデノ随伴ウイルス(AAV: Adeno-Associated Virus)

免疫原性が非常に弱く病原性もないことから、遺伝子治療のウイルスベクターとして用いられる AAV は、ウイルスとしては小型で表面にエンベロープと呼ばれる脂質膜を持たないことで知られています。この分析に、UPLC と質量分析を適用したウォーターズのアプリケーションがあります。

UPLC-MS
UPLC および UPLC/MS によるアデノ随伴ウイルス(AAV)カプシドタンパク質分析の最適化

UPLC-UV/FLR
アデノ随伴ウイルス(AAV)のサイズ排除クロマトグラフィー分析
450 Å ジオール結合 BEH カラムと蛍光検出の活用

UPLC-UV/FLR
アデノ随伴ウイルスの Full/Empty カプシド含有量を決定するための陰イオン交換クロマトグラフィー

関連資料

遺伝子治療研究とは

細胞および遺伝子治療の中には、特定の遺伝子の発現を遮断、変更、または増強することによって疾患を治療または治癒することを目的とした多様な治療アプローチがあります。

遺伝子治療研究について詳細

AAV
David Clemmer
Cell and Gene Therapy

遺伝子治療に関するセミナーを視聴頂けます

The University of Maryland/NIST Institute for Bioscience and Biotechnology Research(IBBR)主催
ウォーターズコーポレーション バーチャルオンラインイベント

バイオ医薬品の開発と製品化は、世界中で急速に成長し続けています。 今日のバイオ医薬品を製造するための継続的な特性解析と日常的な分析要件により、ラボはパフォーマンスと生産性レベルの向上を継続的に求められています。この成長分野の分析ニーズに応えるために、これらの課題と独自のソリューションに焦点を当てた細胞および遺伝子治療研究のバーチャルイベントを開催します。私たちの希望は、皆さまが日々抱える課題の解決、他の科学者とつながるためのアプローチについて学ぶことができるインタラクティブなイベントを提供することです。有益でタイムリーな議論を行っています。是非ご視聴ください。

今すぐ視聴

概要

12:00pm   Welcome
                Zach Koontz, Waters Corporation & Dr. John Schiel, NIST

12:15pm   Current Cell and Gene Therapy Landscape
                Dr. Gary Gilleskie, North Carolina State University

12:40pm   Analytical and Characterization Considerations for Cell and
                Gene Therapy Products
                Omar Lamm, Millipore Sigma/BioReliance

1:05pm     Q&A Session

1:15pm     Advances in Characterization of Recombinant Adeno
                Associated Virus (rAAV) Capsids by LC and
                LC-MS Technologies
                Dr. Weibin Chen, Waters Corporation

 1:40pm    USP Standards Development to Support Gene Therapies
                Dr. Jim Richardson, United States Pharmacopeia

2:05pm     Q&A Session

2:15pm     Conclude

お問い合わせ